diary 2023-2-3(金)
今日は時間がなく記事が書けない。
明日も忙しい。アップできたらいいが。

diary 2023-2-2(木)
マーラー「大地の歌 春に酔う人」をアップ。
世捨て人として生きるのもひとつ。
だが自分まで捨ててはいけない。
→ 5 Der Trunkene im Frühling / Mahler / Kollo, Ludwig, Bernstein

diary 2023-2-1(水)
マーラー「大地の歌 美について」をアップ。
初々しい初恋の芽生え。
全てが清らか。
→ 4 Von der Schönheit / Mahler / Kollo, Ludwig, Bernstein

diary2023-01diary2022-12

@ Altenburg

Concerto for 7 trumpets and timpani / Altenburg / Wilbraham&PJBE

@ Arnord

Brass Quintet / Arnord / PJBE

@ Bach

Trio Sonata 6 BWV 530 / Bach / Kampen

Herz und Mund und Tat und Leben BWV147 / Bach / Creed

@ Barber

Dover Beach / Barber / Ott

@ Beethoven

Adelaide / Beethoven / Schreier&Olberz

Cavatina Op130 / Beethoven / Budapest SQ

@ Berg

Altenberg Lieder SeeleWaldGrenzenNichtsFriede

@ Britten

Serenade Op31 Prologue PastoraleNocturneElegyDirgeHymnSonnet Epilogue

Winter Words Day-CloseMidnightWagtailTableChoirmasterSongstersStationLife 

Oliver Cromwell / Britten / Pears&Britten

Greensleeves / Britten / Bostridge&Drake

I wonder as I wander / Britten / Langridge&Johnson

The Salley Gardens / Britten / Pears&Britten

Little Sir William / Britten / Pears&Britten

The Bonny Earl o' Moray / Britten / Pears&Britten

O can ye sew cushions? / Britten / Brightman&Parsons

The trees they grow so high / Britten / Btrightman&Parsons

The Ash Grove / Britten / Pears&Britten

The Crocodile / Britten / Langridge&Johnson

The Plough Boy / Britten / Pears&Britten

There's none to soothe / Britten / Pears

Sweet Polly Oliver / Britten / Pears&Britten

The Miller of Dee / Britten / Pears&Britten

The Foggy Foggy Dew / Britten / Pears&Britten

@ Dvorak

Gipsy Songs Op55 LiedTriangelWaldMutterReinLeinenkleideFalken

@ Faure

Lydia / Faure / Souzay&Baldwin

La chanson du pêcheur / Faure / Maurane

La bonne Chanson Saintel'aubelunecheminspeurAvantd'étéN’est-ceL'hiver

@ Feldman

Three Voices / Feldman / Mundy

@ Liszt

Es muss ein Wunderbares sein / Kulman

O lieb, so lang du lieben kannst / Damrau

@ Mahler

Kindertotenlieder Sonn Nun sehMütterleinOft denkWetter

Das Lead von der Erde TrinkliedEinsameJugendSchönheitTrunkene

@ Mozart

Regina Coeli K.108 / Mozart / Kegel

Piano Sonata K284K310K311K331

Violin Sonata K296K301K378K379

Symphony No34 K338 / Mozart / Szell & Concertgebouw

Das Veilchen  KV 476 / Mozart / Battle

@ Mussorgsky

Mussorgsky Songs and his Life

Where art thou, little star? / Mussorgsky / Christoff

Thou Longing of My Heart / Mussorgsky / Kuznetsova

Sleep, Sleep, Peasant Son / Mussorgsky / Christoff

@ Satie

Allons-y Chochotte / Satie / Thoraud

Les Anges / Satie / Hannigan&Leeuw

Elégie / Satie / Hannigan&Leeuw

Sylvie / Satie / Hannigan&Leeuw

@ Schubert

String Quintet D956 / Schubert / Stern & Casals

An die Musik / Baker

Der Tod und das Mädchen / Moll

Nacht und Träume / Schubert / Pregardien

Piano Sonata D960 / Schubert / Klien

@ Shostakovich

Four Romances by Pushkin Op.46 RenaissanceWeepingAnticipationStanzas

Six Romances English Poets Op 62, 140 SonfieldsMacphersonJennySonnetKing

Symphony13 Op113 Babi YarHumorAt the StoreFearsA Career

Krokodil Magazine Op121 TestimonyDesireDiscretionIrinkaDelight

A Forword to My Complete Works Op123 / Shostakovich / Nesterenko & Shenderovich

Symphony14 Op135 profundisMalaguenaLoreleiSuicideWatchMadamJailCossackDelvigPoetConclusion

@ R.Strauss

Morgen! / Wunderlich

Morgen! / Rost&Kocsis

@ Takemitsu 

And then I knew 'twas Wind / Takemitsu / Aitken

Garden Rain / Takemitsu / PJBE

November Steps / Takemitsu / Yokoyama&Tsuruta&Iwaki

@ Tchaikovsky

Lullaby / Tchaikovsky / Kazarnovskaya

@ diary 

diary2023-01diary2022-12

Three Voices / Feldman / Mundy

モートン・フェルドマン Morton Feldman (1926-1987)

THREE VOICES FOR JOAN LA BARBARA (1982)


www.youtube.com ・ Youtube検索結果


JOAN LA BARBARA - YouTube

JOAN LA BARBARAのCDには小さな音でと書かれている。 

 

opening

霧か霞がかかったような混沌状態から始まる

 

 legato

やがて一つの声がその中から浮かび上がる

3つの声はまとまりを持つハーモニーのようになってくる

リズムを持ち始め、

重なり合い、

離れ、

ソロ、

2:1、

1:2、

ニゾン

様々に変化し、

静止し、

重なり合い、

豊かな響き合い

 

slow waltz

ゆっくりな3拍子、

2声が響き合う中、特徴的なフレーズを繰り返す

だだっ広い何もない宇宙空間に放り出されてなす術なく漂っているようだ

時間空間の裂け目に入ったか

 

first words

ささやきが聞こえてくる。

宇宙空間か時空の裂け目かを漂う中

28分頃 (JOAN LA BARBARA)

綿雪がゆっくり舞って落ちてくるような

温かいイメージが現れる

何故か懐かしい

 

whisper

耳元で囁く声

やがて熱を持ち下降音形が様々に飛び交う

風が渦巻くようだ

 

chords

静寂が戻ってくる

響きの変化の味わい

 

a non accented legato

風の中の揺れ動く草のように流れ動く

 

snow falls

snow falls が右左中央様々に変化

 

legato

第2の部分のようにハーモニーの中から

1声が浮かび上がる。

微妙な音の重なり合い、

様々に変化を繰り返す

 

slow waltz and ending

あのワルツを引き伸ばしたようなフレーズが聞こえてくる

やがてワルツのフレーズがなくなり、

コードだけ変化するが、

聞こえないだけで奥には潜んでいる

snow fallsが戻ってきて

最後にあの温かい懐かしいイメージのsnow fallsが

5回繰り返されて終わる。

 

なんとも興味深い作品。

JOAN LA BARBARAの声でこの作品を聴くと少しも騒々しくなく、返ってバッハの作品を聴いたかのような爽快感があるのは不思議。

この3つの声それぞれがスピーカーの反対側に頂点を持つ3つの錐形のようなイメージが浮かぶ。

その一つの焦点からそれぞれの声が生まれ出てくる。

そこは死の世界、静寂、無の世界、無意識といったものか。

不動の焦点。

ほとんどの時空間を音で埋めているのだけれど、その焦点にある静寂が返って意識されるから不思議だ。

この作品はフェルドマンの友人であった詩人フランク・オハラFrank O'Hara と画家のフィリップ・ガストンPhilip Gustonの死を契機として作られたようだ。

録音された2声に、演奏者の生の声が加わって演奏される。

2つの声は友人2人の死者の声、もう1人は作曲者自身ということらしい。

ムソルグスキー展覧会の絵キエフの大門ように友人と作曲者自身の記念碑のようだ。

 ヴォカリーズだけの作品かと思っていたら、途中から言葉が入ってくる。

フェルドマンに捧げられたオハラの詩Windから採られたものだ。

            WIND   to Morton Feldman 

Who'd have thought

                                         that snow falls

it always circled whirling

like a thought

                           in the glass ball

around me and my bear

 

Then it seemed beautiful

                                                 containment

snow whirled

                           nothing ever fell

    ………

最後に全休符のあと、綿雪がゆっくり落ちてくるようなあの温かい懐かしいイメージのsnow fallsが5回繰り返される。

それは、3人の温かい友人関係をこの曲に刻みつけているいるように感じた。

拍子が自在に変わり、繰り返しが5、6回あったりするし、周りにひきづられることなく音程を正確に取るのは非常に難しいだろう。

ジョアン・ラ・バーバラのYouTube演奏は埋め込みができなくなっている。別タブで開くリンクで譜面を見ながらぜひ聴いていただきたい。温かい声と演奏はなんとも素晴らしい。